仕切り直しをするよ!

- 広告 -

長らく停滞しておりましたこのコーナー「アプリを作ろう」ですが、再スタートしますよ!

この一年何をしていたかというと、本業の方で違うアプリを作っていました。もちろんXamarinでです。
そこで新たに色々と考えるところがあって、以前作りかけていたアプリを作り直そうと思います!

以下のような感じで見直していきますよ〜。
(1)まだまだミニマムにはなっていなかった!
(2)Xamarin.Formsを使おう。
(3)本当にAWS一択なのか?

まだまだミニマムにはなっていなかった!

以前、ミニマムスタートが良いよというお話で、必要最小限の機能でスタートしようと言っていました。
しかし、作っている最中に「これは、最小限になっていないのでは?」と思い始めたのです。

ぶっちゃげSNS連携とかって必須じゃないですよね。もしSNSにアップしたければ画面キャプチャしてあげれば済む話ですしね。
別に連携部分を作るのが面倒だったとかじゃないんだからね!
という事で、機能をもう少しシェイプアップします。

- 広告 -

Xamarin.Formsを使おう。

Xamarin始めた頃はiOSとAndroidの画面を共通化とか無理じゃね?みたいなノリでやっぱネイティブだよね。と思っていたのですが、実際やってみると一度作った画面を別のプラットフォーム用にもう一度作るってかなりの苦行でした。
で、お仕事で受けたアプリはFormsを使ってみたのですが、意外と共通化できたので、こっちのアプリもそれでいこうと思います。
やっぱり、プラットフォームごとにカスタマイズが必要なところや、そもそもOSに依存する処理はネイティブ側で書く必要がありますが、体感で80〜90%くらいは共通化できる気がします。
2回も同じ画面作るならクロスプラットフォームにした意味ないですよね!(今更)

本当にAWS一択なのか?

そして、バックエンド用のサーバ。以前はAWS一択みたいな事言っていた気がしましたが、最近気になる存在が現れました。
その名もAzure。
ご存知マイクロソフトの運用するクラウドサービスです。もちろんXamarinとの親和性もバッチリ。しかも、こちらもAWSと同様に1年間無料で使えるようになりました。
これは使わない手はない。

てな感じで、なんとなく1から作り直しな気がしなくもないですが、次回からは使用設計からやり直しますよ!!

- 広告 -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です