まりんちゃんが初めてスマホアプリを作ろうとしている話 第1話

まりんちゃん
- 広告 -

初めのお話

– 登場人物 –

万座まりん
万座 まりん(まんざ まりん)
小学6年生
好奇心旺盛で、何でも兄の真似をしたがるお年頃。

万座備一
万座 備一(まんざ びいち)
大学1年生。
子供の時からプログラミングを勉強して、自分でいろいろと作ったりしている。
将来プログラマーになるかどうかは、まだ考えていない。

- 広告 -

まりんちゃんはアプリを作りたい

アプリ作りたい!作りたい!!

わかった、わかったから。

わーい。

まりんの持ってるのは母さんのおさがりのAndroidか。Android用のアプリでいいの?

でも、友達はiPhoneだよ。
どっちでも動くのは作れないの?

 

もともとiPhoneとAndroidは開発環境も言語も仕組みも全く違うんだよ。
だから、アプリを作る時はiPhone用とAndroid用の両方を別々に作る必要があるんだ。
だけど、Xamarinって言う、一つの開発環境でAndroidとiOS両方のアプリを作れるツールがあるから、それを教えてあげるよ。
その代わり、途中で根をあげたりするなよ!?

わぁーい!絶対最後までちゃんとやるよ!!

 

じゃあ、ここにある父さんのからもらったお古のPCをまりん用にして、開発環境を構築しよう。

 

「開発環境」?

アプリを作るのに必要な道具をパソコンに用意するんだ。

ふーん。(よくわかんない)

実はプログラミングを勉強するときに、一番の壁になるのはこの環境構築なんだ。最初につまづくと一気にやる気が無くなっちゃうから、できれば詳しい人に教えてもらうのが一番いいよ。
近くに詳しい人がいなかったら、初心者向けのハンズオン(Hands-on)って言う、実際にパソコンを触りながらの勉強会をやっていたりするから、そこで教えてもらうといいよ。
connpassっていうサイトが、IT系の勉強会を告知するのによく使われているから、一度見てみるのもいいね。

私にはお兄がいるから安心だね!

。。。

早速、環境をインストールしよう。
Xamarinの開発環境はVisual Studioなんだ。その辺の詳しい話は別でするとして、まずはインストールすることから始めよう。

インストールってなに?

ソフトウェアをパソコンに入れることをインストールって言うんだよ。

Visual Studioのインストール自体はとても簡単だから、早速やってみよう。

 

Visual Studioをインストールする

Micro SoftのサイトからVisual Studioをダウンロードしよう。
Xamarinをやるだけなら、コミュニティ(Community)で大丈夫だと思うよ。

だいたい、インストールの方法は検索すれば出てくると思うから、「VisualStudio インストール xamarin」とかで検索してみるのも良いかも。今後は調べる力も大切になってくるからね。
ここにXamarinのためのVisualStuioのインストールの方法が書いてあるよ。

うーん。
WindowsとMacで何か違うの?

 

iPhoneとAndroidでアプリが変わるように、WindowsとMacでもソフトウェアは別々なんだ。
自分のパソコンに合わせてインストールしよう。
大体は、ダウンロードページを開いたときに、使用しているPCの方が選択されていると思うから確認するだけでいいと思うよ。

 

あと、iPhoneのアプリを作るのは、Macがないとダメなんだ。だから、WindowでiPhoneアプリを作りたい時は別にMacを用意しておく必要がある。
Macの場合は、iPhoneもAndroidも両方作れるんだ。

じゃあ、XamarinやるならMacの方がいいんだね。

まあ、使いなれたパソコンの方が良いだろうから、一概にMacの方が良いとは言えないけどね。
このためだけに急いでMacを買う必要はないと思うよ。
Androidはどちらのパソコンでも作れるんだから、最初は今使っているパソコンでやっていって、使いこなせるようになってiPhoneアプリを本当に作りたいと思う時にMacの購入を検討すればいいよ。

はぁーい。


 

多分続く。

- 広告 -

コメント