いきなりピボット!?

- 広告 -

予定は未定。突然のピボット

本来なら、今回から一人ブレーンストーミングが
開催される予定でしたが、急遽、予定が変更となりました。

ピボットと言えば、あれです。バスケで片足を軸に
クルクル回るやつです。
で、事業でいうところのピボットとは、事業や製品の
方向性を転換することです。
ピボット
そう、この「アプリを作ろう」というブログも、まだ始まってもいないのに
いきなり方向転換をしようという事なのです!

初回に、交換日記アプリを作っていこう!と宣言したものの
時代の流れに逆らってる感は満載で、行ける自信はなかったんですよね〜。
で、そう言えば他にも、作りたいアプリあったなーと思い出して。
そうしたら、もう、そっちのほうがいいんじゃね?て気がしてきて。。。

と、言う訳で、前言撤回!!次回から「ぬり絵本」を作っていきます!!

- 広告 -

議論の結果、ぬり絵本アプリを作ることになりました

交換日記アプリで、どんな事をしようと考えてたかというと、
ノートに見立てた画面にテキストや画像を貼り付けてデコったものを送信するというもの。

女の子は手紙を可愛く作るのは好きだし、どっかの記事で、カップルで交換日記をするのが良いよみたいなのを見たので、行けるかなーと思ってみたものの、インスタントメッセージが主流の今、のんびりデコって通信する需要はあるのか?ていう心配もあったのです。
インスタントメッセージが主流だからこそ、じっくり文章を書くのもいいんじゃないかと思ったのですが、そこに需要がなければ意味がない。

そこで、「ぬり絵本」ですよ。
私の目指すもの、それは絵本作家。じゃあ、自分で絵本を出しちゃえばいいじゃない!
せっかくアプリを作れるんだから、自分で描いた絵本をリリースしちゃえ!
でも、アプリなのに単なる絵本じゃ面白くないな。そうだ、ぬり絵にしよう!
という発想です。

子供向けのアプリは需要が高いし、ぬり絵にすることで
何度も読むだけじゃなくて、何度も遊べる。
作り方を工夫すれば、他の楽しみ方も提案できそう。
比較するまでもなく、「ぬり絵本」の圧勝じゃね?

と脳内会議で決議されました。

そういう訳で、次回から「ぬり絵本」だよ!
わぁ、なんか交換日記の時よりテンション上がってきた!!

- 広告 -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です